【江戸川区】屋根の葺き替え工事|日本瓦の屋根をガルバリウ鋼板に葺き替え!安心安全な住まいを実現!

江戸川区の屋根葺き替え工事の施工事例

東京都江戸川区で屋根の葺き替え工事を施工させていただきました。千葉県江戸川区の屋根の葺き替え工事の施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

近所を屋根工事しているというリフォーム会社の営業に「屋根の漆喰が剥がれていますよ」「このままじゃ雨漏りがしますよ」と屋根の劣化を指摘されて、修理を検討されていました。

無料で屋根点検をしてくれると言われ、依頼したところ、屋根材を新しく張り替える、屋根の葺き替え工事を提案されたようです。

しかし、見積もり価格が300万円という内容だったため、「本当に適正価格のなの?」と不安になり、訪問業者の見積もりはいったん保留にして、他の業者での相見積もりを検討されていました。

インターネットで江戸川区に対応できる屋根修理業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり興味を持っていただきました。

屋根修理の専門業者として江戸川区の施工実績が豊富で、屋根の劣化症状に応じた修理を適正価格で提供できることに信頼性を感じていただき、興味を持っていただき、現地調査のご依頼をいただきました。

ビフォーアフター

江戸川区の屋根葺き替え工事のビフォーアフター 江戸川区の屋根葺き替え工事のビフォーアフター
担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状を確認させていただきました。築40年が経過した日本瓦屋根の住宅でした。

経年劣化により、屋根の棟部分の漆喰が剥がれている状態でした。

屋根の棟には土が詰まっています。その土が棟の外に流出しないように蓋をしているの漆喰です。

そのため、漆喰が剥がれると、棟の内部の土が外に流出してしまい、棟が歪んだり、地震の際に倒壊しやすなりため、漆喰の補修工事が必要な状態でした。

弊社が現地調査に伺う前に、訪問販売業者から一方的に屋根の葺き替え工事を提案されたようですが、屋根材の日本瓦は非常に耐久性に優れた屋根材のため、経年劣化を理由に新しい屋根材に葺き替える必要はありません。

築30年〜40年の屋根は、屋根内部の防水シートが劣化している可能性が高く、交換が必要になります。

その際は、防水シートだけを交換する葺き直し工事によりメンテナナンスが可能です。

ただし、施主様が地震や建物の老朽化を心配されており、「地震に強い屋根にしたい」「軽い屋根材に葺き替えたい」とご要望があり、ガルバリウム鋼板への葺き替え工事をご提案させていただきました。

ガルバリウム鋼板は金属製の屋根材ですが、非常に軽いのが特徴です。

日本瓦からガルバリウム鋼板に葺き替えることで、屋根が1/6も軽量化されるため、建物の全体の耐久性が向上します。

また、建物の負担も軽減できるため、安全性も向上します。

このように日本瓦からガルバリウム鋼板に葺き替えることで、建物の耐震性と安全性が向上することから、ガルバリウム鋼板への葺き替え工事をご提案させていただきました。

屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

屋根葺き替え工事の施工前の様子

日本瓦の屋根です。日本瓦の耐用年数は80年〜100年と耐久性に優れた屋根材です。

ただし、屋根の棟部分の漆喰や内部の防水シートは経年劣化により40年前後を目安に劣化するため、メンテナンスが必要です。

屋根葺き替え工事の施工前の様子

棟の漆喰が剥がれて屋根に落ちているのが分かると思います。

漆喰は基本的に石と同じため、落下すると大変危険です。

屋根葺き替え工事の施工前の様子

屋根の棟部分の漆喰が剥がれて棟の内部の土が剥き出しになっていました。

屋根の内部に雨水が侵入して雨漏りの原因になるため、早急に修理を行う必要がありました。

屋根葺き替え工事の施工前の様子

屋根の他に部分に剥がれた漆喰の残骸が落ちています。

屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子

ここからは屋根の葺き替え工事の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

屋根の葺き替え工事とは既存の屋根材を撤去して新しい屋根材に張り替えるリフォーム工法です。どのように工事が進行するのか順番に見ていきましょう。

【工程1】瓦おろし

まず始めに、既存の瓦を撤去します。この工程を瓦おろしと言います。

屋根葺き替え工事の瓦おろし

1枚ずつ瓦を屋根から剥がしていきます。

屋根葺き替え工事の瓦おろし

瓦おろしの工程が完了しました。瓦を撤去すると長年体積した土やホコリで汚れているため、しっかりと清掃を行います。

【工程2】野地板の施工

瓦の撤去が完了したら野地板を施工します。野地板とは屋根材の土台となる板です。

屋根の野地板の施工

屋根の形状にあわえて野地板を取り付けます。屋根の野地板は耐久性に優れた構造用鋼板と呼ばれるベニア合板が使用されます。

構造用合板は耐久性や耐水性能、接着剤の種類などが、JAS規格で規程されており、品質が安定しているのが特徴です。屋根の葺き替え工事の見積書を確認する際は、野地板の種類も含めて検討するようにしましょう。

屋根の野地板の施工

屋根の野地板の施工が完了しました。

【工程3】防水シート(ルーフィングシート)の施工

野地板の施工が完了したら、防水シートを施工します。

この防水シートはアスファルトルーフィングと呼ばれ、屋根の二次防水として重要な役割があります。

屋根葺き替え工事の防水シートの施工

防水シートは屋根の軒先から棟に向かって順番に重ねていきます。これはルーフィングシートの重なりが水の流れと逆目にならないようにするためです。

ルーフィングシートの重なりの不具合は雨漏りの原因として比較的多いため、しっかりと写真に残してもらうと安心です。

屋根葺き替え工事の防水シートの施工

こちらは屋根の谷部分です。屋根の谷は雨水が集中しやすい箇所になるため、厚目にルーフィングシートを施工します。

【工程4】役物の施工

ルーフィングシートの施工が完了したら、役物を取り付けます。役物とは谷樋や棟下地などの付属部材です。

谷樋の施工

屋根の谷部分に谷樋を取り付けました。

棟下地の施工

屋根のてっぺんの棟には棟板金と呼ばれる金属製のカバーが取り付けられます。この棟板金を取り付けるための下地板を取り付けます。

【工程5】屋根材(ガルバリウム鋼板)の施工

棟下地の施工が完了したら、いよいよ、ガルバリウム鋼板を施工します。ルーフィングシートと同様に、軒先から棟に向かって順番に施工します。

ガルバリウム鋼板の施工

片面のガルバリウム鋼板の施工が完了しました。ガルバリウム鋼板の製品にはいくつか種類がありますが、ニチハの横暖ルーフという製品を使用します。

横暖ルーフは日鉄住金鋼板のSGLという製品が使用されており、他の製品と比べて耐久性に優れているのが特徴です。また、断熱材と一体化されており、断熱性も高いのが特徴です。

ガルバリウム鋼板の施工

ガルバリウム鋼板の施工が完了しました。

最後に棟板金を取り付けたら、屋根の葺き替え工事は施工完了です。

屋根の葺き替え工事の施工後の様子

ガルバリウム鋼板の施工 ガルバリウム鋼板の施工 ガルバリウム鋼板の施工

 

 

ガルバリウム鋼板の施工 ガルバリウム鋼板の施工