大田区の外壁屋根塗装 | 外壁・屋根塗装で新築時の輝きが復活!

大田区の屋根塗装の施工後の様子

東京都大田区で外壁屋根塗装を施工しました。東京都大田区の外壁屋根塗装の施工事例をご紹介します。

大田区の外壁屋根塗装のお問い合わせの経緯

築18年が経過して外壁、屋根の劣化が気になるようになりメンテナンスを検討されていました。

始めての外壁塗装でどこに工事を依頼すれば良いのか分らなかったためインターネットで外装リフォーム業者を探していました。

インターネットで大田区周辺の業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり興味を持っていただきました。

社内に一級塗装技能士が在籍しており高品質な工事を適正価格で行うことができます。

また、建築士も在籍しており屋根の劣化症状に合わせて最適なメンテナンス方法を提案することができます。

このように施工力と、提案力に魅力を感じて頂き現地調査のご依頼を頂きました。

大田区の外壁屋根塗装のビフォーアフター

経年劣化によりうっすらとコケやカビが発生していたスレート屋根でしたが、再塗装を行い、新築のように生まれ変わりました。

大田区の屋根塗装のビフォーアフター

大田区の外壁屋根塗装の担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状を確認させていただきました。

築18年のスレート屋根の住宅でしたが、経年劣化により全体的にコケやカビが発生していました。

コケやカビは日陰や湿った箇所に発生することから分かる通り、コケやカビの発生は屋根の防水性能が低下しているサインになります。

そのため、屋根塗装を行い屋根の防水性能を回復させてあげる必要がありました。また、外壁はモルタル外壁でしたが、屋根と同様にチョーキング現象と呼ばれる塗料の劣化が発生しており、外壁の防水性能が低下している状態でした。

そのため、再塗装を行い外壁の防水性能を回復させてあげる必要がありました。このような理由から、外壁屋根塗装によるメンテナンスをご提案させていただきました。

大田区の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは大田区の屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

大田区の屋根塗装の施工前の様子

全体的にうっすらと苔が発生しています。屋根の防水性能の低下を知らせるサインです。この状態を放置すると屋根材が水分を吸収して割れたり、反ったりするため具体的にメンテナンスが必要な状態でした。

大田区の屋根塗装の施工前の様子 大田区の屋根塗装の施工前の様子 大田区の屋根塗装の施工前の様子

大田区の屋根塗装の工程と施工中の様子

ここからは具体的に屋根塗装の工程と施工中の様子について具体的に見ていきいましょう。

【工程1】高圧洗浄

まず始めに高圧洗浄を行い屋根の汚れをキレイに洗い流します。

大田区の屋根塗装の高圧洗浄

専用の高圧洗浄機を使用してコケやカビを洗浄します。

大田区の屋根塗装の下塗り

高圧洗浄後の屋根の様子です。白く見える部分はスレート瓦本体のセメントです。コケで隠れていましたが、このように屋根材の素地が見えている状態でした。

【工程2】屋根塗装の下塗り

高圧洗浄が完了したら下塗りを行います。塗装工程は下塗り、中塗り、上塗りの3回の重ね塗りにより仕上げます。下塗りではシーラーと呼ばれる下地調整を塗料を使用して塗装の下地を整えます。

大田区の屋根塗装の下塗り

ペイントローラーで1枚1枚丁寧に下塗りを行います。

【工程3】ひび割れ補修

下塗りが完了したタイミングでひび割れ補修を行います。

大田区の屋根塗装のひび割れ補修

ひび割れ箇所をコーキングで補修します。スレート瓦は板厚5mmほどの板材です。そのため、10年くらいでどこかしらひび割れが発生しているものです。

【工程4】外壁塗装の中塗り

外壁塗装の下塗り、ひび割れ補修が完了したら、中塗りを行います。中塗りからメインの塗料を使用します。今回はラジカル塗料を使用しました。

大田区の屋根塗装の中塗り

下塗り塗料に上にラジカル塗料を重ねていきます。ひと昔前まではシリコン塗料が主流でしたが、現在ではシリコン塗料よりも費用対効果の高いラジカル塗料が主流になりつつあります。

【工程5】外壁塗装の上塗り

最後に、同じラジカル塗料を使用して重ね塗りをしたら、屋根塗装は完了です。

大田区の屋根塗装の上塗り

同じラジカル塗料ではありますが、塗り残しがないように中塗りと上塗りでは色を変えて施工をしています。

大田区の屋根塗装の施工後の様子

屋根塗装の工程が完了しました。新品のスレート瓦よりもきれいに輝いています。

外壁塗装の工程と施工中の様子

屋根塗装とセットで外壁塗装を施工しています。ここから外壁塗装の工程について見ていきましょう。

【工程1】外壁塗装の下塗り

高圧洗浄後、外壁塗装の下塗りを行います。屋根と同様に下地調整材を使用して塗装の下地を整えます。

大田区の外壁塗装の下塗り

塗り壁タイプのモルタル外壁でした。モルタル外壁は塗料の吸収が激しく塗りムラが生じやすいため、下塗り段階でたっぷりと塗料を吸収させておくとが重要です。

【工程2】外壁塗装の中塗り

下塗りが完了したら、中塗りを行います。屋根と同様にラジカル塗料を使用します。

大田区の外壁塗装の中塗り

下塗りの上にラジカル塗料を塗装します。

【工程3】外壁塗装の上塗り

最後に、同じ塗料を使用して、上塗りをしたら施工完了です。

大田区の外壁塗装の上塗り 大田区の外壁塗装の上塗り

【工程4】付帯部の塗装

外壁塗装の工程が完了したら、付帯部を塗装します。付帯部を塗装したらすべての工程が完了です。

大田区の外壁塗装の付帯部の塗装

 

大田区の外壁塗装の付帯部の塗装