東大和市の屋根リフォーム | 築35年のスレート屋根をアスファルトシングルに張り替え

東大和市の屋根リフォームの施工事例

東京都東大和市で屋根リフォームを施工させていただきました。

築35年のスレート屋根をカバー工法でアスファルトシングル屋根に葺き替えました。このページでは東大和市の屋根リフォームの施工事例をご紹介します。

東大和市の屋根リフォームのお問い合わせの経緯

近所を工事しているというリフォーム会社の営業マンに「屋根の防水性が低下していますよ」「屋根を張り替えた方が良いですよ」と屋根の劣化を指摘されたことがキッカケで修理を検討されていました。

実際に屋根に上がり、屋根の劣化状況を写真に撮ってくれたようですが、想像以上に屋根が汚れており、メンテナンスの必要性を感じていたようです。

ただし、訪問販売業者だったため少し不振に感じたため、信頼できる他の業者での相見積もりを検討されていました。インターネットで東大和市に対応できるリフォーム業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり興味を持っていただきました。

建物の設計や構造に関する国家資格の建築士が在籍しており、屋根の劣化症状に合わせて最適なリフォーム工法を提案することができます。このような経緯から現地調査のお問い合わせを受けました。

東大和市の屋根リフォームのビフォーアフター

築35年のスレート屋根をカバー工法でアスファルトシングルに張り替えました。雨漏りの心配もなくなり今後も安全に住み続けられる住まいになりました。

東大和市の屋根リフォームのビフォーアフター

東大和市の屋根リフォームの担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状を確認させていただきました。

弊社が現地調査を行う前に、訪問販売業者に屋根の劣化を指摘されたスレート 屋根でした。定期的に屋根塗装によるメンテナンスがされており、屋根材としては非常にキレイな状態で保存されていました。

ただし、スレート屋根の耐用年数は25年〜30年と言われています。耐用年数が経過しても屋根材の状態が良ければ屋根塗装によるメンテナンスも可能にはなりますが、結局次回のメンテナンスで屋根材を新しく張り替えるため、現時点で新しく屋根材を張り替えた方が費用対効果が高くなります。

そのため、カバー工法によるアスファルトシングルへの張り替え工事をご提案させていただきました。

東大和市の屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは東大和市の屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

東大和市の屋根リフォームの施工前の様子

前回のメンテナンスから10年以上が経過していたためチョーキング現象と呼ばれる塗料の劣化症状が発生していました。

チョーキング現象は屋根の防水性の低下を知らせるサインになるため、具体的にメンテナンスが必要な状態でした。

東大和市の屋根リフォームの施工前の様子

瓦が割れている箇所がありました。瓦が割れても二次防水の防水シートがしっかりと機能していれば雨漏りに発展することはありません。

しかし、築35年が経過しており、防水シートの劣化も進行している状態だったため、具体的にメンテナンスを行う必要がありました。

東大和市の屋根リフォームの工程と施工中の様子

ここからは東大和市の屋根リフォームの工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

カバー工法は既存のスレート 屋根の上にアスファルトシングル屋根を施工するリフォーム工法です。

【工程1】棟板金の撤去

まず始めに、棟板金を撤去・解体します。

東大和市の屋根リフォームの棟板金の撤去

棟板金とは屋根のてっぺんにある金属製のカバーです。新しい屋根を施工する際の障害物となるため棟板金を撤去します。

【工程2】防水シートの設置

棟板金の施工が完了したら、防水シートを設置します。防水シートは屋根の二次防水として重要な役割がある部材です。

東大和市のルーフィングの施工

屋根の軒先(底部)から棟(高部)に向かって順番に防水シートを設置します。

この順番が逆になると、屋根の内部に水を呼び込んでしまうため、確認をしながら丁寧に防水シートを取り付けていきます。

東大和市のルーフィングの施工

防水シートは改質アスファルトルーフィングと呼ばれる耐久性に優れた製品を使用します。

屋根材のアスファルトシングルは耐用年数が30年前後と比較的耐久性に優れた屋根材です。

そのため、二次防水の防水シートも耐久性に優れた製品を使用します。これは非常に重要なことなので、見積もり段階で確認しておくと安心です。

東大和市のルーフィングの施工

防水シートの施工が完了しました。

【工程3】アスファルトシングルの施工

防水シートの施工が完了したら、アスファルトシングルを施工します。

アスファルトシングルは日本ではあまり普及していない屋根材ですが、

アメリカやヨーロッパでは主流となっている屋根材です。防水シートに石粒を吹き付け塗装された屋根材で屋根材の中では比較的安価ですが、耐久性に優れた費用対効果の高い屋根材です。

東大和市のアスファルトシングルの施工

防水シートとどうように軒先から棟に向かって順番にアスファルトシングルを設置していきます。

東大和市のアスファルトシングルの施工

アスファルトシングルの屋根材の施工が完了しました。

【工程4】棟板金の施工

アスファルトシングルの施工が完了したら、棟板金を設置します。棟板金を取り付ける際の土台となる棟下地を取り付けて金属製のカバーを取り付けます。

東大和市の屋根リフォームの棟板金

こちらは棟下地です。屋根の棟に沿って棟下地を取り付けます。

東大和市の屋根リフォームの棟板金

最後に、棟板金を取り付けたら棟板金の施工は完了です。

東大和市の屋根リフォームの施工後の様子

東大和市の屋根リフォームの棟板金 東大和市の屋根リフォーム施工後の様子 東大和市の屋根リフォーム施工後の様子 東大和市の屋根リフォーム施工後の様子