横浜市の屋根修理 | 築25年のスレート屋根の棟板金を交換しました

横浜市の棟板金の交換工事
神奈川県横浜市で棟板金の交換工事を施工させて頂きました。神奈川県横浜市の棟板金交換工事の施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

突然訪問してきたリフォーム会社に「棟板金が浮いているのが見えた」「修理をした方が良いですよ」と棟板金の劣化を指摘されたことがキッカケで修理を検討されていました。 最初は「訪問販売業者かな?」と少し不審に感じたようですが、特に営業を仕掛けてくる訳でもなく名刺だけを置いて立ち去ってしまったようです。自分で屋根に上がって確認する訳にもいかないため、専門の屋根業者での点検を検討されていました。 インターネットで横浜市に対応できる屋根業者を探していた際に弊社のホームページをご覧になり興味を持って頂きました。 屋根修理の専門業者として横浜市に多くの施工実績あり、建築士や雨漏り診断士など屋根の施工においてプロフェッショナルな資格を保有していることを信頼してくださり現地調査のご依頼いただきました。

担当者のコメント

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い屋根の劣化症状を確認させていただきました。訪問販売業者に棟板金の劣化を指摘された屋根でした。 築年数25年が経過してましたが、数年前に屋根塗装を行っており屋根材は比較的キレイな状態でした。 ただし、経年劣化で棟板金が浮いている箇所がありました。詳細に調べてみると棟板金の土台となる棟下地が一部腐食しており、釘が利かない状態でした。この状態を放置すると強風で棟板金が外れたり、飛散したりする危険がありました。 そのため、棟を下地から交換する棟板金交換工事による修理をご提案させて頂きました。 補足情報として今回、屋根の劣化を指摘した業者は屋根の劣化だけを指摘してすぐに立ち去ってしまったようですが、後日、施主様から点検の依頼が入るように仕向ける、訪問販売業者の手口です。施主様が現地調査の依頼をするこで、クーリングオフの対象外とし、契約後、確実に工事を行うための営業手法になります。

屋根の劣化症状と現地調査の様子

ここからは屋根の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。 横浜市の棟板金の交換工事 築25年のスレート屋根です。数年前に屋根塗装を行っていたため非常にきれいな状態で保存されていました。 ただし、棟板金の釘浮いており具体的にメンテナンスが必要な状態でした。 横浜市の棟板金の交換工事 訪問販売業者であれば屋根の劣化も指摘して、カバー工法などの高額な工事を提案するかもしれませんが、弊社は屋根修理のプロとして 施主様に無駄な費用の負担をかけないために、必要最低限の修理だけをご提案させていただきました。

棟板金交換工事の工程と施工中の様子

ここからは棟板金交換工事の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】既存の棟板金の撤去

まず始めに、既存の棟板金を撤去します。 横浜市の棟板金の撤去 棟板金を撤去しました。棟下地と呼ばれる棟板金の土台が出てきますが、こちらも撤去します。 横浜市の棟板金の撤去 棟下地も撤去しました。この状態から新しい棟板金を施工します。

【工程2】棟下地の取り付け

屋根の棟に沿って新しい棟下地を取り付けていきます。 横浜市の棟下地の取り付け 隅棟の棟下地を取り付けました。 横浜市の防水シートの設置 棟下地を取り付けたら、防水シートを設置します。

【工程3】棟板金の取り付け

最後に棟板金を取り付けたら、棟板金の交換工事は施工完了です。 横浜市の棟板金の設置

棟板金交換工事の施工後の様子

横浜市の棟板金の設置 横浜市の棟板金の設置 横浜市の棟板金の設置
確実な修理を適正価格、低価格でご提供!無料診断 実施中!ご相談のみでもOK
お気軽にお電話相談!WEBで無料診断