屋根カバー工法リフォーム|川口市(T様邸)

埼玉県川口市の屋根カバー工法

埼玉県川口市でアスファルトシングル材による屋根のカバー工法を施工させて頂きました。

お問い合わせの経緯

台風で雨漏りが発生した。応急処置も含めて早急に雨漏りに対応できる業者を探していたところ、弊社のホームページをご覧になりお問い合わせを頂きました。

実際に現地にお伺いし、雨漏り調査を行いました。トタン屋根の建物ですが、屋根材が経年劣化で腐食して穴が空いており、その穴が空いた箇所から雨水が侵入して雨漏りが発生していました。取り急ぎ、ブルーシートで応急処置を行い、雨漏りの被害が拡大しないように対策を行いました。

屋根が全体的に錆が発生しており、部分補修で雨漏り修理しても、すぐに他の箇所から雨漏りが発生する可能性が高かったために、カバー工法による屋根のリフォームをご提案させて頂きました。

カバー工法とは既存の屋根材に新しい屋根材を被せる屋根のリフォーム工法ですが、屋根材にガルバリウム鋼板が使用されるのが一般的です。しかし、今回はお客様のご希望でアスファルトシングル材を使用しました。

アスファルトシングル材はガルバリウム鋼板と比べて費用が安価で、加工性に優れているのがメリットです。ただし、アスファルトシングル材は施工できる業者が少なく日本では普及していない珍しい屋根材です。

弊社は屋根修理・リフォームの専門業者であるために、アスファルトシングル材を使用した葺き替え工事をご提案・施工することが十分可能です。

アスファルトシングル材を使用した屋根のリフォームを検討している方は、是非この記事を参考にして頂ければと思います。

まずは、ビフォーアフターからご紹介します。

ビフォーアフター

埼玉県川口市の屋根カバー工法のビフォーアフター

全体的に塗装が剥がれており、錆が発生している箇所がありました。実際に雨漏りも発生しており、屋根を葺き替えるなどの根本的な修理が必要な状態でした。

カバー工法でアスファルトシングル材に葺き替えることで、費用対効果の高い雨漏り修理を実現することができました。

施工前の様子

まずは、施工前の屋根の劣化状態について見て行きましょう。

錆びの発生したトタン屋根

トタン屋根の表面の塗装が剥がれており、全体的に錆が発生しています。トタン屋根は10年1度を目安に屋根塗装が必要ですが、メンテナンスを行わないと錆が発生し、屋根に穴が空いてしまいます。そして、その穴が空いた箇所から雨水が侵入することで雨漏りが発生します。

雨漏りが発生してしまうと屋根の葺き替えやカバー工法などの根本的な修理が必要で、修理費用が高額になるので、適切なタイミングでメンテナンスを行うことが重要です。

雨漏りが発生してブルーシート応急処置がされたトタン屋根

雨漏りの応急処置を行った箇所です。雨漏りの被害を拡大させないために、ブルーシート雨漏りの応急処置を行いました。ブルーシートによる雨漏りの応急処置はDIYで自分で行う方も多いですが、屋根から転落する危険がありおすすめしません。

また、雨漏りの侵入経路は複雑でプロが専門の検査をしないと特定できない場合が多いので、屋根の雨漏りは応急処置であっても専門業者に依頼する方が安心で確実です。

錆が発生したトタン屋根

屋根材が劣化しただけでは、建物内部に雨水は侵入することはありません。屋根は屋根材とルーフィングの二重構造になっており、屋根材が劣化し、屋根の内部に雨水が侵入しても屋根内部のルーフィングによって防水されます。

ルーフィングに関しては施工中の様子で具体的に解説しますが、雨漏りが発生してしまったということは、屋根材だけではなく、屋根内部のルーフィングも不具合が発生しています。雨漏りは表面的な屋根材の劣化を補修しても、屋根内部のルーフィングが劣化している限り、雨漏りが再発する可能性が高いです。

そのため、雨漏り修理は屋根材の劣化だけではなく、屋根内部のルーフィングも交換する必要があるために、屋根を張り替える葺き替え工事などの大工事が必要になります。

施工中の様子

ここからは、屋根カバー工法による雨漏り修理の様子をご紹介します。アスファルトシングル材のカバー工法は施工できる業者も限られ、施工事例としても少ないので、アスファルトシングル材を検討している方は是非、参考にして頂ければと思います。

棟板金の撤去

まずはじめに、屋根の頂点にある棟板金を撤去します。

屋根カバー工法の棟板金の撤去

棟板金は貫板(ぬきいた)と呼ばれる木材にビスで固定されていますが、経年劣化で貫板が腐食してボロボロになっていました。雨漏りの雨水の侵入経路としては、屋根材の穴あき箇所からですが、棟部分もいつ雨水が侵入してもおかしくない状態でした。

野地板(コンパネ)の設置

棟板金を撤去したら、既存の屋根材(トタン)の上に野地板を設置します。

野地板(コンパネ)の設置

屋根カバー工法の大きな特徴として、既存の屋根の屋根上に新しい屋根を被せることが挙げられます、既存の屋根材の上に新しい屋根を被せることで、既存屋根材を撤去する撤去作業や廃棄費用が発生しないために、従来の葺き替え工法よりも大幅に安く屋根を新しくすることができます。

そのため、野地板も既存の屋根材の上に設置するために、トタン屋根やスレート瓦などの平滑(平ら)な屋根でないと施工することができません。日本瓦やセメント瓦などの住宅ではカバー工法は施工できないので注意しましょう。

ルーフィング(防水シート)の設置

野地板を設置したら、防水シートを設置します。ルーフィングは屋根の二次防水としての役割があり重要な工程です。

ルーフィング(防水シート)の設置

ルーフィングは軒先から上に向かって設置します。なぜなら、水は上から下に向かって流れることからルーフィングの重なりが逆目にならないうにするためです。

特に屋根カバー工法に慣れていない業者は、ルーフィングの重なりが逆目になってしまうことがあるので注意が必要です。

ルーフィングの重なりが水の流れに対して逆目になってしまうと、屋根に流れる水を建物内部に招き入れてしまうので屋根カバー工法などの屋根リフォームの際は実績のある業者に施工を依頼することが重要です。

ルーフィング(防水シート)の設置 ルーフィング(防水シート)の設置

軒先唐草(水切り)の設置

ルーフィングの設置が完了したら、軒先の唐草(からくさ)を設置します。

軒先唐草の設置

唐草とは屋根の下の端の軒先部分の雨仕舞いの部品です。このような屋根の部品は建築用語で役物(やくもの)と呼ばれています。

アスファルトシングルの設置

軒先の役物を設置したら、いよいよアスファルトシングル材を葺いていきます。

アスファルトシングルの設置

アスファルトシングル材もルーフィングと同様に、軒先から棟に向かって重なりが逆目にならないように設置していきます。

アスファルトシングル材はトタンや瓦などの硬い屋根材ではく、どちらかというとルーフィングに近い屋根材です。

見た目ではレンガのような硬い素材見えますが、実際に触ってみるとやわらくペラペラな屋根材です。

アスファルトシングルの設置

屋根全体にアスファルトシングルを設置したら、ケラバ水切りを設置します。軒先の唐草と同様に屋根の雨仕舞いの部品です。

アスファルトシングルの設置 アスファルトシングルの設置

棟材の設置

アスファルトシンングル本体の施工が完了したら、最後に屋根の頂点の棟材を取り付けたら施工が完了です。

アスファルトシングルの棟材の設置

こちらもアスファルトシングル材の棟材です。コーキングで接着して施工が完了です。

施工後の様子

塗装が剥がれ、錆が発生していたトタン屋根が新築のように生まれ変わり、雨漏りを根本解決することができました。

アスファルトシングルの棟材の設置