屋根棟板金交換工事|三郷市(N様邸)

三郷市の棟板金交換工事

埼玉県三郷市で屋根板金の交換工事を施工させて頂きました。

お問い合わせの経緯

台風で屋根のてっぺんにある棟板金が飛散してしまったことがキッカケでホームページより弊社にお問い合わせを頂きました。数年前に屋根塗装をおこなったということで、「必要な箇所だけ修理をして欲しい」とご要望を頂きました。

実際に現地調査に伺うと、台風で屋根の棟板金が飛散して庭に落下している状態でした。「とにかく修理を急いで欲しい」ということで、棟板金の交換工事をご提案させて頂きました。

築年数が28年の住宅で、屋根材の劣化状態やメンテナンスの状況によっては、カバー工法による屋根の葺き替え工事が適していましたが、数年前に屋根塗装を行い、屋根材の状態も良かったことから、屋根の板金工事による部分補修を提案しました。

棟板金の釘が浮いている箇所が多数あり、棟板金の隙間から雨水が侵入する可能性が高かったために、雨漏りの危険を未然に防止することができました。

それでは、埼玉県三郷市の棟板金交換工事の様子を見て行きましょう。まずは、ビフォーアフターからご覧ください。

ビフォーアフター

三郷市の屋根板金交換工事のビフォーアフター

スレート屋根の隅棟の棟板金が台風で飛散し、棟の下地(貫板)が剥き出しになっている状態でした。一部、貫板も外れており、かろうじて屋根に止まっているという状態でした。棟板金を新しく交換することで、飛散の心配のない安全な屋根になりました。

施工前の様子

台風で飛散した棟板金

棟板金が強風に煽られ飛散してしまい、屋根の棟部分が剥き出しになってしまっています。雨が降るとこの隙間から大量の雨水が侵入するために雨漏りに発展する可能性が高いです。早急な修理が必要な状態でした。

棟板金の施工前の劣化状態

屋根の劣化は実際に屋根に登らなけらば確認することができないために、棟板金が外れても気がつかずに放置してしまう人も少なくありません。そのため、定期的に屋根の点検を行うことが大切です。

棟板金の釘の浮き

棟板金は釘で固定されていますが、経年劣化で必ず緩むようになります。特に、20年以上が経過したスレート屋根は棟板金の釘を打ち付ける貫板も腐食したりしているので釘が浮きやすくなります。

被害の無かった棟板金

こちらは不具合が発生していない箇所の隅棟です。屋根の棟板金には不具合は発生していませんが、釘が浮いていたり、貫板が劣化しているために、この機会に棟板金を交換します。

施工中の様子

ここからは施工中の様子について見て行きましょう。

棟板金の撤去

まずは、既存の棟板金を撤去します。

棟板金の撤去

棟板金を取り外すと、内部の木材が出てきます。この木材は貫板と呼ばれ、この木材に釘を打ち付けて棟板金を固定しています。

棟板金の下地の撤去

すべての棟板金を取り外して、貫板だけの状態になりました。

棟板金の下地の撤去

棟板金を固定している貫板も取り外します。これで、既存の棟板金の撤去が完了です。

新規棟下地(貫板)の設置

既存の棟板金を撤去したら、新しい棟板金を設置します。

棟板金の下地(貫板)の設置

貫板は耐久性と耐水性に優れている杉が使用されます。

棟板金の設置

貫板を設置したら、棟板金を取り付けます。

棟板金の下地(貫板)の設置

棟板金の素材はメンテナンスフリーのガルバリウム鋼板を使用しています。次回の屋根塗装などのメンテナンスの時まで、十分耐用年数を発揮することができます。

新しい棟包み板の設置

屋根板金のカバー取り付けたら作業完了です。

施工後の様子

新しい棟包み板の設置

早急な修理を実現したことで、屋根の内部に雨水も侵入せずに被害を最小限に食い止めることができました。

棟板金の交換工事後の様子 古い棟板金と新しい棟板金の取り合い部分 三郷市の棟板金交換工事