屋根板金交換工事・屋根部分葺き直し工事|千葉市花見川区(T様邸)

千葉市花見川区の屋根板金交換工事・屋根葺き直し工事

千葉県千葉市花見川区で屋根板金の交換工事と屋根の葺き直し工事を施工させて頂きました。

お問い合わせの経緯

台風で屋根の隅棟(軒先に下がる棟)とスレート瓦が飛散したことで修理を検討されていました。インターネットで早急に応急処置ができる地元の屋根業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になりお問い合わせを頂きました。

  • 千葉市での屋根修理の事例が豊富に掲載されていたこと
  • 応急処置が即日対応可能だったこと

上記の2点がキッカケとなり弊社をお選び頂きました。

屋根板金交換工事・屋根の部分葺き直し工事を提案させて頂いた経緯

現地調査を行い、台風で飛散したスレート瓦と隅棟の屋根板金の応急処置をさせて頂きました。

隅棟の屋根板金は2種類あり、今回はコーナータイプと呼ばれる瓦形状の板金でした。適切にコーナータイプの屋根板金を修理するために屋根の部分葺き直し工事を提案させて頂きました。

また。大棟(屋根のてっぺん)の屋根板金も、板金を固定している内部の木材(下地板)が腐食して釘が浮いていました。次回の台風の際に飛散する危険があり、根本的な修理が必要だったため屋根板金の交換工事を提案させて頂きました。

既存の屋根材はスレート瓦でしたが、浮いている瓦や破損している瓦も数カ所あり、屋根を葺き直した際に交換しました。

次回の台風の際も安心して過ごすことができる安全な屋根になりました。

ビフォーアフター

千葉市の屋根葺き直し工事のビフォーアフター

台風でスレート瓦と屋根板金が飛散していました。また、屋根材が数カ所飛散している箇所がありました。屋根板金とスレート瓦の修理も含めて再度、屋根材を葺き直したことで、台風の際も飛散することの無い安全な屋根になりました。

千葉市の屋根板金交換工事のビフォーアフター

大棟の屋根板金が経年劣化で釘が緩み、飛散する危険がありました。屋根板金は下地板に釘をうちつけて固定するのですが、下地板が腐食しており交換する必要がありました。屋根の板金が飛散すると落下したり、隣家に直撃することがあるので定期的なメンテナンスが必要です。

今回、屋根板金を下地から交換したことで台風の際も飛散する危険が無くなり安全な屋根になりました。

施工前の様子

ここからは施工前の様子について見て行きましょう。

スレート屋根の施工前の状態

スレート瓦の屋根で、大屋根は棟包み板(カバータイプ)、隅棟はコーナータイプ(瓦タイプ)の屋根板金の屋根でした。スレート瓦も浮いている箇所が数カ所あり、次回の台風の際に飛散したり、欠落する可能性がありました。

スレート屋根の施工前の状態

隅棟にはコーナータイプの棟板金が設置されていましたが、台風により飛散してしまいました。また、スレート瓦も欠落しており早急な応急処置と修理が必要な状態でした。

スレート屋根の施工前の状態

屋根材もチョーキング現象と呼ばれる塗料の劣化症状があり、屋根塗装の必要がありました。今回は、予算の関係で屋根塗装は行いませんでした。

施工中の様子

ここからは施工工程についてそれぞれ見て行きましょう。

屋根板金・屋根材の撤去

まず始めに、屋根板金と既存の屋根材を撤去します。

スレート瓦の撤去

棟板金と既存のスレート瓦を撤去しています。撤去したスレート瓦は割れや歪みが生じている製品は交換し、再度葺き直します。

スレート瓦の撤去

屋根材を撤去するとルーフィングと呼ばれる屋根の防水シートが出てきます。築23年の住宅でしたが、ルーフィングは破れている箇所は無く非常に良い状態でした。

スレート瓦の撤去 スレート瓦の撤去 既存スレート瓦の撤去 既存スレート瓦の撤去 既存スレート瓦の撤去

屋根材の設置

屋根材の撤去が完了したら、ルーフィングの点検を行い、屋根材を戻します。この際に、割れや歪みが発生している屋根材は交換します。

スレート瓦の葺き直し工事

棟周辺のスレート瓦の劣化が激しく交換しました。

スレート瓦の葺き直し工事 屋根板金の撤去 スレート瓦の葺き直し工事

大棟の板金の棟下地の取り付け

屋根材の葺き直しが完了したら、大屋根の棟板金の下地を取り付けました。

屋根の棟下地の設置

棟包み板(カバータイプ)の屋根板金は下地に釘を打ち付けて固定します。

屋根の棟板金の設置

棟下地を取り付けて屋根板金を設置したら施工が完了です。

屋根の葺き直し工事後の状態 屋根の葺き直し工事後の状態

施工後の様子

屋根の葺き直し工事後の状態 屋根の葺き直し工事後の状態