品川区の外壁塗装 | コスパ最高!ラジカル塗料で外壁塗装

品川区の外壁塗装の施工事例

品川区で外壁塗装を施工しました。外壁塗装の施工事例をご紹介います。

品川区の外壁塗装のお問い合わせの経緯

築25年が経過して外壁の汚れや経年劣化が目立つようになり外壁塗装を検討されていました。

外壁の劣化症状に合わせて最適なメンテナンス方法を提案して欲しいという思いから、品川区に対応できる塗装業者を探していました。

インターネットで塗装業者を探していた際に、弊社のホームページをご覧になり、興味を持って頂きました。

塗装技術の国家資格の一級塗装技能士や建築士などの資格を保有しており、外壁の状態を適切に判断して高品質な塗装工事を実現するこおことができます。

また、品川区を始め、 関東圏内で1500件の施工件数を誇る施工実績に魅力と信頼性を感じて頂き、現地調査のご依頼を頂きました。

品川区の外壁塗装のビフォーアフター

築年数25年のサイディング外壁をラジカル塗料で塗装をしました。

品川区の外壁塗装のビフォーアフター

品川区の外壁塗装の担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い外壁の劣化症状について確認させて頂きました。

築年数25年のサイディング外壁でした。

サイディング外壁はチョーキング現象と呼ばれる塗料の劣化症状が発生しており、塗装の防水性が低下している状態でした。

外壁材が水分を吸収しており、一部沿っている箇所がありました。

この状態を放置するとさらに外壁材の劣化が進行して外壁材が塗装の下地として利用できなくなります。

そうすると、外壁材を新しく張り替える必要があるため、修理費用が高額になります。再塗装を行い外壁の防水性能を回復させる必要があり、外壁塗装によるメンテナンスをご提案させて頂きました。

施主様のご要望として、「安く長持ちする塗料」という内容があったため、日本ペイントのラジカル塗料、パーフェクトトップをご提案させて頂きました。

外壁塗装ではシリコン塗料が標準塗料として一般的に使用されています。その中で、ラジカル塗料はシリコン塗料と同等の価格帯でありながら、耐用年数(耐久性)を高めることに成功した、非常にコストパフォーマンスに優れた塗料です。

このように外壁の状態や施主様の今後のメンテナンスプランを検討し、現時点でもっとも費用対効果の高い外壁のメンテナンス方法として、ラジカル塗料による外壁塗装をご提案させて頂きました。

品川区の外壁の劣化症状と現地調査の様子

ここからは品川区の外壁の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

品川区の外壁塗装の施工前の様子

経年劣化にで破風板が黒く変色しています。また、塗装が剥がれている箇所もあり、再塗装によるメンテナンスが必要な状態でした。

品川区の外壁塗装の施工前の様子

破風板が腐食して捲れ上がっています。こちらも塗装をしますが、しっかりと下地を整えてから塗装をします。

品川区の外壁塗装の施工前の様子

下屋根のトタン屋根です。金属製の屋根材のため塗装が必要な箇所になります。

品川区の外壁塗装の工程と施工中の様子

ここからは実際に外壁塗装の施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】コーキングの交換

まず始めに、コーキングを交換します。コーキングとは外壁材の隙間を埋める目地材です。

コーキングが劣化すると隙間が生じ、その隙間から雨水が侵入します。そのため、外壁塗装のタイミングでコーキングもメンテナンスをします。

品川区の外壁塗装のコーキングの交換工事

外壁材と外壁材の隙間を埋めているゴム状のパッキンがコーキングです。15年前後で浮いたり、痩せたりするため、交換が必要です。

品川区の外壁塗装のコーキングの交換工事

カッターで切り込みを入れて、既存のコーキング材を剥がしていきます。

品川区の外壁塗装のコーキングの交換工事

コーキングを撤去したら。プライマーを塗布します。プライマーとはコーキング材の密着性を高める下地調整材です。

品川区の外壁塗装のコーキングの交換工事

プライマーの塗布が完了したら、コーキング材を充填します。

品川区の外壁塗装のコーキングの交換工事

コーキングの充填が完了したら、ヘラで表面を均します。

品川区の外壁塗装のコーキングの交換工事

最後にマスキングテープを剥がし、乾燥させてたら、コーキングの交換工事は完了です。

【工程2】高圧洗浄

コーキングの交換工事が完了したら、高圧洗浄を行います。専用の高圧洗浄機を使用して、外壁の汚れをキレイに洗い流します。

外壁の汚れが残っていると、塗料が密着せずに施工不良の原因になります。高圧洗浄は塗装の品質を左右する重要な工程です。

品川区の外壁塗装の高圧洗浄

長年堆積した汚れの他に、旧塗膜などの汚れになどを洗い流します。

品川区の外壁塗装の高圧洗浄

こちらはトタンです。再塗装を行うので、高圧洗浄を行います。

【工程3】外壁塗装の下塗り

高圧洗浄が完了したら、塗装工程に移行します。外壁塗装は「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回の重ね塗りで仕上げます。

下塗りはシーラーと呼ばれる下地調整塗料を使用して、塗装の下地を整える役割があります。

品川区の外壁塗装の下塗り

ペイントローラーを使用してシーラーを塗装します。

【工程4】外壁塗装の中塗り

下塗り塗装が完了したら、中塗りに移行します。中塗りではメインの塗料を使用します。ラジカル塗料のパーフェクトトップで塗装をします。

品川区の外壁塗装の中塗り

下塗り塗装の上に下塗り塗料を塗装します。塗り残しが無いように確認をしながら丁寧に塗装をします。

【工程5】外壁材の下地補修

中塗り工程が完了したタイミングで外壁材の補修をします。経年劣化により外壁材が反っている箇所があったため、ビスで固定します。

品川区の外壁塗装の下地補修

外壁材が反っていて、隙間が空いています。隙間が空いていると雨漏りの原因になるため、必ず補修をします。

品川区の外壁塗装の下地補修

ビスを打ちこんで反りを直します。

品川区の外壁塗装の下地補修

コーキングで防水処理をしたら完了です。

【工程5】外壁塗装の上塗り

外壁の補修が完了したら、上塗りを行います。中塗と同じ塗料を使用して、2回の重ね塗りを行います。

品川区の外壁塗装の中塗り

ペイントローラーを使用して上塗りを行います。

品川区の外壁塗装の上塗り

外壁塗装の工程が完了しました。

【工程6】付帯部の塗装

外壁塗装が完了したら、付帯部を塗装します。付帯部とは、霧よけや雨樋などの建物付帯箇所になります。

品川区の外壁塗装の付帯部の塗装

出窓の屋根です。こちらは金属屋根なので塗装をします。

品川区の外壁塗装の付帯部の塗装

まずはサンドペーパーを使用して、錆や旧塗膜など削り落とします。この作業をケレンといいます。

品川区の外壁塗装の付帯部の塗装

鉄部なので錆止め塗装をして下塗りをします。

品川区の外壁塗装の付帯部の塗装

ウレタン塗料で上塗りをします。

品川区の外壁塗装の付帯部の塗装

排気口カバーもケレンを行い、錆止め塗装、上塗りの順番で塗装します。

品川区の外壁塗装の付帯部の塗装

こちらは破風板、雨樋です。ケレン作業を行い塗装の下地を整えます。

品川区の外壁塗装の付帯部の塗装

こちらは破風板です。ウレタン塗料で上塗りをします。

品川区の外壁塗装の付帯部の塗装

雨樋も同様にウレタン塗料で上塗りをします。

品川区の外壁塗装の付帯部の塗装

軒天を塗装します。

品川区の外壁塗装の付帯部の塗装

軒天の塗装が完了しました。

品川区の外壁塗装のトタン屋根の塗装

こちらはトタンです。ケレンをして汚れを除去します。

品川区の外壁塗装のトタン屋根の塗装

錆止め塗装で下塗りをします。

品川区の外壁塗装のトタン屋根の塗装

ウレタン塗料で上塗りをしたら、トタンの施工は完了です。

品川区の外壁塗装のトタン屋根の塗装 品川区の外壁塗装のトタン屋根の塗装

品川区の外壁塗装の施工後の様子

品川区の外壁塗装の施工後の様子 品川区の外壁塗装の施工後の様子 品川区の外壁塗装の施工後の様子 品川区の外壁塗装の施工後の様子 品川区の外壁塗装の施工後の様子 品川区の外壁塗装の施工後の様子 品川区の外壁塗装の施工後の様子 品川区の外壁塗装の施工後の様子