市原市の外壁塗装 | クリヤー塗装で外壁の模様を活かした塗装

市原市の外壁塗装の施工事例

市原市で外壁塗装を施工しました。市原市の外壁塗装の施工事例をご紹介します。

市原市の外壁塗装のお問い合わせの経緯

10年前に張り替えた外壁ですが、経年劣化で汚れが気になるようになり外壁塗装を検討されていました。

外壁の模様を活かしたクリアー塗装を検討しており、市原市の塗装業者を探していましたが、対応できる業者が見つからない状況でした。

さらにエリアを広げて業者探しをしていた際に、弊社のホームページをご覧になり興味を持って頂きました。

一級塗装技能士などの国家資格を保有しているスタッフが在籍しており、クリアー塗装にも対応可能で豊富な実績を持っていることに信頼性を感じて頂き現地調査のご依頼を頂きました。

市原市の外壁塗装のビフォーアフター

張り替えから10年目が経過したサイディングをクリアー塗料で塗装をしました。

市原市の外壁塗装のビフォーアフター

市原市の外壁塗装の担当者の提案内容

お問い合わせ後、すぐに現地調査に伺い外壁の状況を確認させて頂きました。

約10年前に外壁リフォームで外壁を張り替えたサイディング外壁でした。

施工から10年が経過をしたことでチョーキング現象と呼ばれ塗料の劣化症状が発生していました。

サイディング外壁はセメントを主原料とする外壁材で、塗装により防水性を確立している屋根材です。その中で、太陽の紫外線の影響で表面の塗装が劣化して、外壁の表面に粉状に吹き出す劣化症状がチョーキング現象です。

塗装がされている外壁では必ず発生する劣化症状であり、再塗装を行う最適な目安となる劣化症状です。そのため、外壁塗装が必要な状態でした。

石積み調の模様が美しい意匠性サイディングで、模様を生かす透明なクリアー塗装を希望されていました。クリアー塗装は従来の塗装とは異なり、2回塗りであり、下地(外壁)の劣化状況によって大幅に仕上がりが左右される劣化症状です。

そのため、クリアー塗装に対応できない業者も多いです。弊社は建築士も在籍しており、外壁の状態を適切に判断することができます。

今回のケースの場合、十分んクリアー塗装の下地として利用できる状態だったため、施主様のご希望通り、クリアー塗装によるメンテナンスをご提案させて頂きました。

市原市の外壁の劣化症状と現地調査の様子

ここからは市原市の外壁の劣化症状と現地調査の様子について具体的に見ていきましょう。

市原市の外壁塗装の施工前の様子

10年前後のサイディング外壁です。

日陰になる部分にうっすらとコケが発生していますが、高圧洗浄で十分キレイになります。クリヤー塗装を行っても十分対応できる状態でした。

市原市の外壁塗装の施工前の様子

外壁がうっすらと白く変色しています。これがチョーキング現象です。

外壁塗装を行う最適な目安になります。

市原市の外壁塗装の施工前の様子

また、一部外壁材が反っている箇所がありました。こちらも補修工事を行って塗装を行います。

市原市の外壁塗装の工程と施工中の様子

ここからは市原市の外壁塗装の工程と施工中の様子について具体的に見ていきましょう。

【工程1】高圧洗浄

まず初めに高圧洗浄で外壁の汚れをキレイに洗い流します。

市原市の外壁塗装の高圧洗浄

専用の高圧洗浄機を使用して外壁の汚れをキレイに洗い流します。

【工程2】外壁塗装の下塗り

外壁塗装の高圧洗浄が完了したら下塗りを行います。

外壁塗装のクリヤー塗装は2回の重ね塗りで仕上げます。まず、下塗りを行います。

市原市の外壁塗装の下塗り

ペイントローラーを使用して、まずは下塗りをします。外壁全体を下塗りをします。

【工程3】外壁の補修

1回目の塗装が完了したら、外壁の補修を行います。反っている箇所をビス留めして補修します。

市原市の外壁の補修

ビスどめで外壁の反りを補修しました。

市原市の外壁のコーキング補修

ビスを打ち込んだ箇所をコーキングでシーリングをして防水処理を行います。

市原市の外壁のコーキング補修

コーキングの補修が完了しました。

【工程4】外壁塗装の上塗り(2回目)

最後に2回の重ね塗りをしたら、塗装工程は完了です。

市原市の外壁の上塗り

市原市の外壁塗装の施工後の様子

市原市の外壁塗装の施工後の様子 市原市の外壁塗装の施工後の様子 市原市の外壁塗装の施工後の様子