屋根塗装工事・ベランダ防水工事|葛飾区(I様邸)

葛飾区の屋根塗装工事

東京都葛飾区で屋根塗装工事を施工させて頂きました。屋根塗装の他に、ベランダ防水工事、軒天や破風板、シャッターボックスなどの付帯部塗装もセットで施工しました。

お客様からのお問い合わせの経緯

住宅の外壁から屋根にかけてツタが覆うようになっていました。ツタの除去を含めて外壁と屋根塗装を検討していました。インターネットで塗装業者を探していましたが、どこに以来すれば良いのか分かりませんでした。

ちょうどそんな時、ご近所の知人から屋根修理プラスさんを紹介されました。過去の施工事例が掲載されており信頼性を感じたので屋根修理プラスさんに工事をお願いすることに決めました。

屋根塗装工事をご提案させて頂いた理由

現地調査を行い、外壁・屋根塗装にによるメンテナンスをご提案させて頂きました。

築18年の住宅で初めての外装リフォームでした。外壁と屋根にかけてツタが覆うようになっており、屋根と外壁の劣化状態を悪化させていました。

ツタは独自の雰囲気を演出できるため、あえて伸ばしている方も多いですが、建物にとってあまり良い状況でではありません。

特に、サイディングの外壁では目地のコーキングを突き破ってしまうなど思わぬ不具合が多いので注意が必要です。

幸い、外壁や屋根に大きな劣化は見られず、塗装工事で十分メンテナンスができる状態だったため外壁・屋根塗装によるメンテナンスをご提案させて頂きました。

ビフォーアフター

葛飾区の屋根塗装工事のビフォーアフター

屋根までツタが侵食していたましたが、除去をして屋根塗装を行いました。ツタが生えていたことにより屋根材が汚れてコケが生えていましたが、高圧洗浄でしっかり屋根の汚れを洗い流し塗装を行ったことで、新築当時の輝きを取り戻しました。ツタは生命力が強く、放置をすると屋根の内部に入り込み建物の躯体(骨組み)に影響を与えるので屋根の塗装の際にしっかりとメンテナンスを行うようにしましょう。

施工前の様子

ここからは施工前の様子について見て行きましょう。

葛飾区の屋根塗装工事の施工前の様子

築18年で初めての屋根塗装でした。外壁から屋根にかけてツタが覆っており屋根の排水性能が低下している状態でした。屋根全体にコケやカビが生えており、この状態を放置すると屋根材が割れたり、浮いたりしてしまうことから、メンテナンスが必要な状態でした。

屋根材が浮いたり、割れたりすると屋根塗装の下地として利用できなくなります。その場合は、カバー工法と呼ばれるや葺き替えリフォームが必要になりメンテナンス費用が高くなるため屋根の劣化を放置せずに適切なタイミングでメンテナンスを行うことが重要です。

施工中の様子

ここからは施工中の様子について見て行きましょう。

ツタの除去

まず始めに、屋根を覆っていたツタを除去します。

スレート屋根のツタの除去

ツタを除去しました。ツタの生えていた箇所が排水不良を起こし、コケやカビが生えています。

スレート屋根のツタの除去

雨樋にツタが詰まって排水不良を起こしています。

屋根足場の設置

ツタを除去して清掃をおこなったら、屋根足場を設置します。屋根足場は急勾配の屋根でも安全に作業をするために設置します。

スレート屋根のツタの除去

ツタを除去した箇所を清掃しました。

スレート屋根のツタの除去

屋根足場を設置しました。

高圧洗浄

屋根足場を設置したら高圧洗浄を行います。高圧洗浄は長年屋根に蓄積されたコケやカビを洗浄します。

葛飾区の屋根塗装の高圧洗浄工程

屋根は建物中でも汚れが蓄積しやすい箇所なため、通常の高圧洗浄よりも水圧の強い洗浄を行います。

葛飾区の屋根塗装の高圧洗浄工程

ツタが覆っていたことで詰まってしまっていた雨樋も高圧洗浄でキレイに洗い流しました。屋根の汚れをキレイに洗い流したら高圧洗浄の工程は完了です。

下塗り

高圧洗浄が完了したら下塗りという工程を行います。下塗り工程はシーラーと呼ばれる塗料を使用して屋根材の下地を整える工程です。

葛飾区の屋根塗装の下塗り工程

屋根塗装は下塗り、中塗り、上塗りという3回の重ね塗りが行われます。下塗りは屋根材と中塗り、上塗り塗料の密着性を良くするための接着剤のような役割があります。

クラックの補修

下塗りが完了したら、クラック(ひび割れ)の補修を行います。

葛飾区の屋根塗装のクラックの補修

コーキングでひび割れ箇所を補修します。

葛飾区の屋根塗装のクラックの補修 葛飾区の屋根塗装のクラックの補修

中塗り

クラックの補修が完了したら、いよいよメインの塗料で塗装を行います。屋根塗装の標準的な塗料のシリコン塗料を使用しました。

葛飾区の屋根塗装の中塗り工程 葛飾区の屋根塗装の中塗り工程 葛飾区の屋根塗装の中塗り後の様子 葛飾区の屋根塗装の中塗り後の様子 葛飾区の屋根塗装の中塗り後の様子 葛飾区の屋根塗装の中塗り後の様子

上塗り

中塗りと上塗りの2回の重ね塗りをおこなったら屋根塗装の工程は完了です。

葛飾区の屋根塗装の上塗り工程 葛飾区の屋根塗装の上塗り工程 葛飾区の屋根塗装の上塗り後の様子

施工後の様子

ツタが生えており、全体的にコケが生えていた屋根が新築時のように生まれ変わりました。

葛飾区の屋根塗装の上塗り後の様子

付帯部塗装工事の様子

今回は屋根塗装だけではなく、外壁塗装とセットで施工をしました。付帯部塗装の施工中の様子も合わせてご覧ください。

ベランダ防水工事

ベランダのトップコートの塗り替えを行いました。トップコートとはベランダ防水の表面塗装です。

葛飾区のベランダ防水工事の下地調整

既存のトップコートや汚れをマジックロンやサンドペーパーで除去します。

葛飾区のベランダ防水工事のシーラーの塗布

塗装を行う下地が整ったら、シーラーと呼ばれる塗料を塗ります。このシーラーは屋根塗装と同様にトップコート(上塗り)と塗装面の密着性を高めるために塗布します。

葛飾区のベランダ防水工事のトップコート

シーラーを塗装したら、トップコートを塗布します。トップコートは2回の重ね塗りを行います。

葛飾区のベランダ防水工事のトップコート

1回目のトップコートの塗装が完了したら、2回目の塗装を行います。2回の重ね塗りをおこなったら、ベランダの防水工事は施工が完了です。

葛飾区のベランダ防水工事後の様子

雨樋塗装

葛飾区の雨樋塗装 葛飾区の雨樋塗装

シャッターボックスの塗装

シャッターボックスの塗装を行いました。

シャッターボックス塗装のケレン作業

まず始めに。塗装の下地を整えるためにサンドペーパーで錆や汚れを落としていきます。

シャッターボックス塗装の錆び止め

鉄部(金属)の塗装なので錆止め塗装を行います。

シャッターボックス塗装の塗装

錆止め塗装が完了したら、ウレタン塗料で塗装します。

シャッターボックス塗装の塗装

軒天と破風板の塗装

軒天と破風板を塗装します。刷毛とローラーを使用して丁寧に塗装しました。

破風板の塗装 破風板の塗装 軒天井の塗装 軒天井の塗装