屋根リフォーム(三鷹市)|カバー工法でガルバリウム鋼板に重ね葺き

三鷹市の屋根カバー工法

東京都三鷹市で屋根のカバー工法による屋根リフォームを施工させて頂きました。東京都三鷹市のカバー工法による屋根リフォームの施工事例をご紹介します。

お問い合わせの経緯

築年数25年で過去に屋根塗装を施工した業者に現地調査を依頼したところ、「塗装ができない」と言われて屋根のカバー工法を提案されたようです。見積もり価格が180万円で、高いのか安いのか分からずに、他の業者と相見積もりを検討されていました。インターネットで屋根修理の専門業者を探していた際に偶然弊社のホームページをご覧になり、お問い合わせを頂きました。

ビフォーアフター

三鷹市の屋根カバー工法のビフォーアフター 三鷹市の屋根カバー工法のビフォーアフター
担当者のコメント

お問い合わせ後、スグに現地調査に伺い、屋根の劣化症状を確認させて頂きました。

築年数25年のスレート屋根の住宅で、10年以上前に屋根塗装によるメンテナンスを行っていました。

紫外線の影響で屋根塗装の塗料がチョークのように粉状に吹き出す、チョーキング現象と呼ばれる劣化症状が発生していました。チョーキング現象は塗料の劣化症状であり、屋根塗装を行う最適な目安になり、今回のスレート屋根も屋根塗装によるメンテナンスが可能でした。

しかし、築年数25年が経過しており、屋根内部の防水シート(ルーフィング)の劣化症状や、スレート瓦の耐用年数を考慮すると、塗装がベストな選択肢とは言えず、カバー工法による屋根リフォームを行う方が将来的なメンテナンスコストを含めると、コストパフォーマンスに優れていました。

そのため、屋根塗装ではなく、カバー工法による屋根リフォームをご提案させて頂きました。

カバー工法とは既存のスレート屋根の上にガルバリウム鋼板屋根を被せる、屋根の葺き替え工法です。

既存のスレート瓦を撤去せずに、新しい屋根材に葺き替えるられるため、屋根材の撤去・廃棄費用が発生しません。また、従来の葺き替え工法と比べて工期も短縮できることから、コストパフォーマンスに優れた屋根の葺き替え工法です。

また、ガルバリウム鋼板は金属屋根ですが、亜鉛メッキ鋼板と呼ばれる特殊なメッキ処理がされています。そのため、錆に強く、耐久性に優れているのが特徴です。そのため、ガルバリウム鋼板は一度施工をすると、40年〜50年はメンテナンスの必要がなく、ガルバリウム鋼板屋根にすることで、将来的な屋根メンテナンスの費用を大幅に節約することができます。

そのため、施工性とメンテナンス性に優れた費用対効果の高い屋根リフォームを実現できるため、ガルバリウム鋼板を使用した、屋根カバー工法にをご提案させて頂きました。

屋根カバー工法の施工中の様子

ここからは屋根カバー工法の施工工程をご紹介します。屋根のカバー工法はスレート屋根に特化した屋根の葺き替え工法ですが、一般的に認知度が低く、「本当に信頼できる工法なの?」「本当に最適なリフォーム工法なの?」不安に感じる施主様も少なくありません。

屋根のカバー工法を理解して、適切な屋根リフォームを実現するために、屋根カバー工法の施工工程を初心者の方にも分かりやすく解説します。

【工程1】棟板金の撤去

屋根カバー工法とは既存のスレート屋根の上にガルバリウム鋼板屋根を被せる工法です。そのため、まず始めに、屋根の突起物となる、棟板金と雪止め金具を撤去します。

棟板金の撤去

屋根の頂点にある金属性のカバーを棟板金といます。カバー工法を施工するにあたり、屋根の棟板金を撤去しました。

棟板金の撤去

屋根の一番頂点の棟を大棟(おおむね)、下に降る棟を隅棟(すみむね)と言います。上記の写真は大屋根、隅棟の屋根板金をすべて撤去した状態です。

棟板金の撤去

ドーマー部分の棟板金も撤去します。屋根の軒先部分にある、雪止め金具も撤去します。

棟板金の撤去

ドーマーと大棟の取り合い部分の棟板金も撤去しました。すべての棟板金を撤去したら作業完了です。

ルーフィング(防水シート)の施工

棟板金と雪止め金具を撤去して屋根を平坦にしたら、ルーフィング(防水シート)を施工します。ルーフィングは屋根の二次防水として雨水が建物の内部に侵入するのを食い止める重要な部材です。

ルーフィングの施工

カバー工法で使用するルーフィングは改質アスファルトルーフィングと呼ばれる高耐久な製品が使用されます。ガルバリウム鋼板は耐用年数は40年〜50年と非常に長期的で一度、施工をするとメンテナンスを行うことは基本的にありません。

ガルバリウム鋼板の耐用年数よりも、ルーフィングの耐用年数が明らかに短い場合、「破れ」や「縮れ」などの施工不良が発生し、ガルバリウム鋼板の耐久性が発揮できません。

そのため、ガルバリウム鋼板屋根に使用されるルーフィングは改質アスファルトルーフィングと呼ばれる耐久性に優れた製品が使用されることを理解しておきましょう。

ルーフィングの施工

ドーマーは屋根の中でもの特に雨漏りが発生しやすいポイントになります。ルーフィングシートに隙間が生じないように施工するだけではなく、屋根の水の流れと逆目にならないようにルーフィングの重なりに注意しながら施工をします。

ルーフィングの施工

ルーフィングの施工が完了しました。

屋根本体(ガルバリウム鋼板)の施工

ルーフィングの施工が完了したらガルバリウム鋼板を施工します。

ガルバリウム鋼板の施工

ガルバリウム鋼板は屋根の形状に合わせて軒先から棟に向かって一段ずつ設置していきます。棟部分に木材板が設置されていますが、棟下地と呼ばれる棟板金の土台となる部材です。

ガルバリウム鋼板の施工 ガルバリウム鋼板の施工 ガルバリウム鋼板の施工

ドーマーもガルバリウム鋼板を施工します。ドーマーと屋根の取り合い部分に谷樋を施工します。

ガルバリウム鋼板の施工 ガルバリウム鋼板の施工

棟板金の施工

ガルバリウム鋼板の施工が完了したら、棟板金を取り付けます。

屋根カバー工法の施工後の様子

棟板金を取り付けました。棟板金もガルバリウム鋼板で屋根塗装などのメンテナンスは必要ありませんが、経年劣化で棟板金を固定している釘が緩んでしまうようになります。そのため、10年に1度は点検を行うことが重要です。

屋根カバー工法の施工後の様子

ドーマー部分にも棟板金を設置しました。

屋根カバー工法の施工後の様子

屋根の取り合い部分に雨押さえを施工してしっかりと雨仕舞いを行います。

屋根カバー工法の施工後の様子

下屋根は外壁と屋根の取り合い部分に雨押さえを設置してしっかりと雨漏り対策を行います。

屋根カバー工法の施工後の様子

屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子 屋根カバー工法の施工後の様子